本文へ移動

人材育成・研修体制

幅広い研修プログラムで対応

新人研修

新たに警備業務に従事する警備員は、新任教育を受けてから業務に就きます。

警備員として最低限習得すべき基本教育(基礎的法令や知識、心構え、技能等)及び業務別教育を受けた後、それぞれの現場に従事することになります。

現任研修

現任の警備員は、1年に1回の現任教育を受けることが警備業法で定められています。

各業務、現場の実態に即した教育を実施し、警備員の知識及び能力の向上を図っています。

キャリアアップ研修

平成17年11月に改正された警備業法にて、公安委員会の定める場所、要件において資格を有する警備員の配置義務が定められました。警備会社では多くの資格保有者が求められています。 

当社では警備員のキャリアアップ・技術向上を目指し、資格取得の推進のため、独自のプログラムで検定試験対策研修を行っています。
2022年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
0
0
0
1
6
3
TOPへ戻る